メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > あの人とこんな話

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
情熱的な働き方で
仕事を「志事」に変えよう
写真 NPO法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事
小沼 大地
さん
こぬま・だいち ●1982年生まれ、神奈川県出身。一橋大学社会学部卒業、同大大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊(中東シリアの環境教育活動)に参加後、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社に入社。2011年にNPO法人クロスフィールズを共同創業者の松島由佳氏と設立。また、世界経済フォーラムが11年に設立したグローバル・シェーパーズ・コミュニティ(国際的な活躍が期待される若手リーダーの集まり)の一人に選出される。

 決められた業務をこなして会社に仕える「仕事」ではなく、熱い志を持ち、情熱に突き動かされながら「志事(しごと)」をする人を一人でも増やしたい。そんな思いを胸に仲間とNPOを立ち上げ、「留職プログラム」を開始した。

 これは、企業の社員をインドやラオス、ベトナムといった新興国のNGOや行政機関などに派遣し、本業のスキルを活(い)かして現地の人々と社会的な課題の解決に取り組んでもらうものだ。

 「組織の中で普段とらわれている枠を飛び出し、限界を超えてやり切る、という経験をしてもらう。修羅場をくぐりながらも、そこで成功体験を得ることで、人の意識や生き方は大きく変わります」。その経験は小沼さんにもある。

 大学卒業後、青年海外協力隊で中東シリアに赴任した。損得関係なく、目を輝かせ、ただ国のために働く現地の人々の気迫に圧倒された。一方、その熱を帯びたまま帰国し、将来への思いを同級生たちに話すと「相変わらず熱いな。早く会社に入って大人になれよ」と冷めた答え。

 「でも、本当は情熱を持って働きたいという人も多いはず。だからその思いに火をつけるため、留職というきっかけを提供したいと思ったのです」

 留職を体験したある人は、上司に「お前、失敗は増えたけど、面白いことをどんどんするようになったね」と言われたそうだ。しかも、その人を起点に熱は波及し、会社全体の意欲も高まりつつあるという。「留職で人や会社が変わった瞬間が、やはり一番うれしい」

 起業して3年目。当初はどれだけ企業に提案しても興味を持ってもらえず、途方に暮れたこともあった。だが今、趣旨に賛同し、プログラムを導入する企業も増えてきた。

 「この事業は社会的意義がある。そう信じて一緒に頑張ってくれる仲間がいるから、何かあってもまた前を向けます。人生懸けてやり抜く覚悟です」。自分を信じて歩く若き獅子たちの本気は勇ましい。

(7月8日掲載、文:井上理江・写真:南條良明)

さらに古いバックナンバー >>