メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > 仕事力

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
「芸術は、命がけ。」
 草間彌生が語る仕事-2
写真
私の主戦場ニューヨーク

信じるものは
自分の才能と努力だけ

 ニューヨークで家賃の安いロフトをアトリエとして借りて、制作に明け暮れる日々が始まりました。日本を出る前に想像していたより物価はずっと高く、苦労して持ち込んだドルは目に見えて減っていき、まだ何の手がかりもつかめないまま極端な貧困へと落ちていきました。でも日常の食物、絵の具とカンバス代はどうしても確保しなければならない。さらに移民局の旅券の問題や、病気などいくつもの問題が私を襲ってきます。

 アトリエの窓ガラスは破れ放題で、道に捨ててあった戸板をベッドにし、ニューヨークの厳しい寒さの中で毛布一枚しかない暮らしでした。体の芯まで冷えて腹痛を起こし、眠れないから起き上がって絵を描くのです。それよりほかに空腹と寒さをしのぐ方法が無く、2日くらい食事もとらずに描き続け、めまいがしたら休むだけ。友人からもらったしなびた数個の栗や、魚屋のくず箱から拾ってきた魚の頭で毎日の飢えをしのぎながら、自分の命に代えても、終生芸術家としての道を立ち上げたいという思いで胸がいっぱいでした。

 わびしくなると、私はエンパイアステートビルに上りました。摩天楼から見下ろす絢爛(けんらん)とした夜景は、あらゆる可能性と野望の登竜門に思えて体中の血が「芸術の革命」への決意で熱くなり、空腹さえ忘れることが出来たのです。私は自分の創造性と努力というものに対して自信を持っていましたから、どのような指導者にもつかず、ただ一人で辛苦をなめながらも、自分の芸術は自分自身で開拓していきたかったのです。

水玉一つで立ち向かう

 倒れる直前のような創作生活に我を忘れている頃、信じられないことにジョージア・オキーフが私を心配してニューヨークのアトリエを訪ねてくれました。初めて会うオキーフは、老齢の堂々とした威厳を感じさせる芸術家でした。困窮している私に、ニューヨークではなく彼女の住むニューメキシコに来てはと誘ってもくれたのですが、「競争が熾烈(しれつ)だからこそ、このニューヨークで闘いたい」という覚悟はゆらぎませんでした。

 私にとっておびただしい水玉で表現する作品は、私自身を作る粒子であり生命なのです。一つひとつの水玉を反転した網の目の集積で宇宙の無限を予言し量りたいという願望がありました。今までの絵画の世界にあった絵の構成を無視し、中心が無く、果てしない水玉の反復で表現する「無限」です。渡米してから2年後の1959年秋、私は念願のニューヨークで最初の個展にこぎつけ、著名なニューヨーク派のリーダーたちの画室が並ぶ画廊街の真ん中で「無限の網」を展示しました。

 私はこの作品に自分の全てを賭けました。ピカソでもマチスでもない、草間彌生。美術の歴史に反旗をひるがえすのだと。個展は大反響を呼び、美術界はこの私の表現を受け止めてくれました。独学だったからこそ、誰の影響も受けることなく独自の道を開拓できたと評価されたのです。(談)

くさま・やよい ●前衛芸術家・小説家。長野県生まれ。子供の頃から水玉と網模様をモチーフに絵を描き始める。1957年渡米。巨大な平面作品など多くの作品を制作して高い評価を得る。また反戦運動や多数の「ハプニング」、映画製作などを行う。73年帰国。美術作品の制作発表を続けながら小説、詩も創作、83年小説『クリストファー男娼窟』で第10回野性時代新人文学賞受賞。94年から野外彫刻を手がける。98〜99年アメリカ・日本で大回顧展が巡回。他に国内外で個展多数。第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣表彰、朝日賞、紺綬褒章、高松宮殿下記念世界文化賞、文化功労者顕彰など受賞多数。全世界100カ所の美術館に作品集蔵。公式サイト http://www.yayoi-kusama.jp