メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > 仕事力

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
「いくつもの仕事を当然とする」
 手嶋龍一が語る仕事―2
写真
会社人生から新たな地平へ

ルポルタージュへ
誘ってくれた人々

 NHKもそうでしたが、巨大組織で働く若者の居心地は決して悪くないはずです。会社の名刺を持って訪ねていけば、どんな若造でも受け入れてくれます。でも心地よさは若者を鋼のように鍛えてはくれません。

 炭鉱の街で奔放に育った僕は、どこか自分を異邦人だと感じていたのでしょう。大組織の人たちに迷惑をかけているのではと心配でした。自分にはやはり独りぼっちが似合っている。それに人間ドラマにあふれた街に行きたい思いもあり、それは戦後では二つ、炭鉱と基地の街。だから、一人で取材を担当する横須賀へ転勤を願い出ました。米海軍の拠点ヨコスカには「占領期のニッポン」が随所に残っていた。この取材拠点が20代の若者一人に委ねられたのですから、夢のようだったなあ。

 空母ミッドウェーの入港日程をつかみ、脱走兵の情報を知るには、どぶ板通りに連なる外人バーが決め手でした。「セントルイス」のマスター、ジョージが米国から先乗りしてきた乗組員にあたりをつけ、僕が直接会って情報の裏を取る。彼のミッドウェー情報は実に精緻(せいち)で、彼こそ情報の結節点であり、インテリジェンスオフィサーでした。

 「サイパンが死んだ」。ある早朝、ジョージが急報してくれた。サイパンとは、戦争孤児にして基地の街の靴磨き。「最後のシューシャインボーイ」だったのでした。基地の街を写し撮ったような彼の人生を15分のミニドキュメンタリーに仕立て、「サイパンと呼ばれた男」のタイトルで放送しました。その直後に新潮社の編集者、塙陽子さんから「彼の人生を書いてみませんか」と思いもかけない連絡をいただいた。でも僕は、社会の闇を照射するジャーナリストになってやろうと志を立ててメディアの世界に入ったわけではありません。そんな崇高な自覚もなく、筆を執る技量にも自信がありませんでした。ただ、送られてきた新潮社の原稿用紙はなぜか机の中にしまっておきました。

会社の建物に行くのが
仕事ではない

 基地の街は度胆を抜くようなネタの宝庫。イスラエルが小型ボートのメーカーに高速哨戒艇を発注し、密輸している――。1年あまり取材して雑誌『月刊プレイボーイ』にルポルタージュを書きました。でも、NHKにもちゃんと義理は果たしましたよ(笑)。「ルポルタージュにっぽん」で放送したのですから。ただ担当デスクは、あまりのリスクに胃潰瘍(かいよう)を患ったと後に聞きました。相手は最強とされる諜報(ちょうほう)機関モサドだったのです。

 その後ワシントン特派員として米国に赴くことになりましたが、なぜかあの原稿用紙は携えていきました。東西冷戦が幕を下ろそうとしていた時、日米間でFSX(次期支援戦闘機)の開発を巡る暗闘が持ち上がったのです。後に『ニッポンFSXを撃て』というノンフィクションを書いてようやく恩義に報いることができました。

 一つの組織への帰属意識に縛られていたら、この作品は世に出なかったでしょう。デスクの前の仕事を離脱することが、時として職場に貢献することもある。勝手にそう考えて、少し違う分野にも挑んでみてはどうでしょう。異質な仕事も両立します。重層的な仕事は人生の選択肢をぐんと広げてくれる。会社の建物に通うだけが仕事ではありません。会社を去る頃に、自分の力を活(い)かしきれなかったと悔やむのでは手遅れです。(談)

てしま・りゅういち ●外交ジャーナリスト、作家、慶応義塾大学大学院教授。北海道生まれ、1974年NHK記者となり、政治部、ワシントン特派員を経てハーバード大学・国際問題研究所フェローに招聘(しょうへい)される。ドイツ支局長、ワシントン支局長を歴任し、9・11同時多発テロ事件では11日間連続の中継放送を担う。2005年NHKから独立し、発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』『スギハラ・サバイバル』がベストセラーに。主な著書に『たそがれゆく日米同盟』『ブラック・スワン降臨』など。