メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > 仕事力

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
「いくつもの仕事を当然とする」
 手嶋龍一が語る仕事―3
写真
「知の焼き畑」から抜け出そう

真にプロの名に値する
群像に出会って

 さして覚悟もなく報道の世界に入った僕ですが、若い頃はニュースが次々と目の前に押し寄せるまま明け暮れていました。ワシントン特派員として米国に赴いたことが一つの転機となりました。かの地で真にプロフェッショナルの名に値する人々に出会ったのです。僕の内面で化学変化が起きたように思います。メディアの世界でも、サッカーの名選手のような桁外れの逸材がしのぎを削っていました。米紙ワシントン・ポストのホワイトハウス担当記者、アン・デブロイもそんな一人でした。

 湾岸戦争の開戦前夜、僕はブッシュ・第41代米国大統領に同行してアンと共にサウジアラビアの最前線に赴きました。そしてワシントンへの帰途、大統領の報道官から「ブッシュ大統領はシリアのアサド大統領と急きょジュネーブで会談することになった」と緊急のアナウンスがありました。仇敵(きゅうてき)同士が初めて相まみえるのですからビッグニュースです。でも、現地で原稿を書き、リポートを収録する時間はわずかに30分。アンが機関銃のような速さでキーボードを打ち続けるのを目の当たりにしました。

 「野球なら160キロに迫る豪速球だったなあ」とアンに機内で伝えると、「あなたたちのような気楽な専業記者とは違うんだから」とほほ笑んだ。ホワイトハウスで激務をこなし、家に帰っては夫と子どもの食事を作り洗濯もする。のんびりと原稿を書いているわけにはいかないのだと。プロフェッショナルはどの世界でも、一にスピード、二にスピード、三、四がなくて五に正確さなのです。でもアンは豪速球を投げすぎたのか、若くしてがんで亡くなりました。

仕事人生への知的補給
サバティカルを日本にも

 メディアの世界は大きな出来事が向こうから押し寄せてきます。真面目な若者ほど全力を出し切ってニュースに立ち向かう。早朝から深夜までデスクの指示を真に受けて働き詰めです。これではくたびれるだけでなく、知的にも油が切れてしまう。そう「メディア界の焼き畑農業」なのです。でも日本では、干からびると早速前線から放り出してしまう。ジャーナリストがこれほど若くして現場を離れる国は見たことがありません。僕のように真面目とは言いかねる人間にも焼き畑の危機は忍び寄っていました。

 でも僕は幸運でした。ワシントン時代の著作『ニッポンFSXを撃て』が米国側の目にとまり、ハーバード大学のCFIA(国際問題研究所)からフェロー(研究員)として招聘されたのです。この機会に恵まれていなければ今も現役のジャーナリストを務めていることはできなかったでしょう。日常の激務をいったん離れて研究生活を送り、知的補給を終えて現場へ戻っていく。これをサバティカルと言います。様々な国から選ばれた十数人の仲間は個性的で魅力的でした。今も家族のように付き合っています。

 ハーバード大学で僕が師事したのは、現職のカトリック神父にして国際政治学者のブライアン・ヘア教授。核の時代にあって指導者はいかなる時に武力の行使を許されるかを論じる孤高の人でした。師の前で繰り広げられた知的格闘技の日々は、再び日常の世界に戻っていく力を授けてくれました。毎日の仕事に追われる若い方々も自分なりのサバティカルを工夫してみてはどうでしょう。眼前の風景が変わって見えますよ。(談)

てしま・りゅういち ●外交ジャーナリスト、作家、慶応義塾大学大学院教授。北海道生まれ、1974年NHK記者となり、政治部、ワシントン特派員を経てハーバード大学・国際問題研究所フェローに招聘(しょうへい)される。ドイツ支局長、ワシントン支局長を歴任し、9・11同時多発テロ事件では11日間連続の中継放送を担う。2005年NHKから独立し、発表したインテリジェンス小説『ウルトラ・ダラー』『スギハラ・サバイバル』がベストセラーに。主な著書に『たそがれゆく日米同盟』『ブラック・スワン降臨』など。