メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > 仕事力

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
「信じろよ、自分を」
 矢沢永吉が語る仕事-3
写真
裏切りも乗り越えたよ

心に大きな穴が開いた
オーストラリア事件

 僕自身は懸命に、誠実にやってきた。矢沢の音楽を枯らさないようにさまざまな工夫もしてきたけれど、でも悲しい事件は起きた。

 その頃僕は、雑誌で読んだオーストラリア、ゴールドコーストに強く引かれて、そこに拠点を作ろうと考えた。1987年のことだった。大自然に抱かれて、ここから世界に発信していくスタジオや音楽学校を作る夢が膨らんだ。当初26階のビルを建てる予定で土地の取得を始めたりしているうちに、日本でバブルが崩壊してしまい、新しいビルを建てるのは時期を待つことにして、買収したビルにテナントを入れ、その収益で土地購入代の返済を続け、十分に採算の取れる運営を行った。

 このオーストラリア事業は、信頼している2人の部下に任せていた。英語がうまく、現地で交渉ごとをさせるには適任と思えた人間と、金融関係や不動産関係の仕事経験が豊富な年長の人間。うまくやってくれる人選だと思った。もちろん、僕自身もチェックは怠らない。各テナントからの支払い状況、会社の出納状況、請求書のチェックから登記簿の精査も続け、事業は順調に動いていると信じていた。

 その事件が発覚したのは、98年のことだ。現地の責任者だった彼らは、僕の会社を使って別のビジネスをやっていた。毎月送ってくる報告書はニセモノで、銀行のレターヘッドから支店長のサインまで偽造。詐欺、横領、公文書偽造、私文書偽造、起訴件数73件。被害総額30億円以上。その借金すべてを背負うのは矢沢自身だった。

 借金の大きさもそうだけれど、僕は身内に裏切られたショックがものすごく大きかった。気持ちがボロボロになってしまい、もう立ち直れないほど打ちのめされたね。

これは人生の映画だ、と
思い直し復活

 発覚直後から、毎日毎日酒を飲み、もう駄目だ、もう駄目だと落ち込み続けてた。これで矢沢も終わりだと思って、真っ暗な闇の中にいるような気持ちでしたよ。でもね、1週間もそうやっていたらアホらしくなってきて、ある日ふと気付いたのね。これは映画だと思えばいいやって。

 ほら、人間は何度も生まれ変わると言うじゃないですか。このたび僕は、キャスティングによって矢沢永吉になったわけ(笑い)。室町時代にも江戸時代にも何かやっていて、さあ昭和24年。今度はお前、矢沢永吉をやりなさいとこの世に送り出されてきた。

 「生活保護受けて、苦労して広島から夜汽車に乗って上京し、やがて世紀のロックンローラーになる役さ」ってね。悪くないよね。

 「でも途中でオーストラリア事件とか、いろいろ苦しいことも起きるけど、まあ人生を楽しんでこいや」って。

 あんまり苦しかったから、パーンとそんな考えが浮かんだのかも知れない。それから僕の嫁さんも含め、周囲が言うのね。矢沢なら返せない金額じゃないよと。そこから僕はライブやって、やって、やって、ある日借金はゼロになってた。

 僕は皆さんにも言いたいね。リストラされたって、借金を背負ったってそれは役だと思え。苦しいけど死んだら終わりだから、本気でその役を生き切れ。つまり視点を変えれば、気持ちが切り変わるってことなんだ。(談)

やざわ・えいきち ●歌手・作曲家。1949年広島県生まれ。72年ロックンロールバンド「キャロル」のリーダーとしてデビュー。75年解散の後、ソロとして活動を始める。77年には日本人ロックアーティストとして初の武道館公演、78年は後楽園球場公演を果たした。81年ロサンゼルスで全編英語詞によるアルバム「YAZAWA」を世界発売。海外での活躍の場を広げる。クラシックとの融合など新しいジャンルも成功させた。2007年には前人未到の武道館100公演達成。また映画、CM出演など活動は多岐にわたる。著書に『成りあがり』(小学館)、『アー・ユー・ハッピー?』(日経BP社)がある。公式ホームページ http://www.eikichiyazawa.com