メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
積極採用求人情報をピックアップ!
■ 株式会社リアル
  ECバイヤー ※ヒット商品をプロデュース
■ 富士火災海上保険株式会社
  プロフェッショナルアドバイザー 【業界経験不問、未経験歓迎】
Heroes File
Vol.55 後編

途上国で見えた
自分の役割

 準ミスで脚光を浴び、様々な活動の門戸が開かれた知花くららさん。しかし、求められるイメージと本来の自分にギャップがあり、戸惑うことも多かったという。相次ぐインタビューでアウトプットが続き、知花さんは自分の心が渇いていくのも感じていた。

 「学生時代は語学を学んだり哲学書を読んだり、フラメンコの練習をしたりしていたのに、そういったインプットの時間が全くなくなってしまった自分に危機感がありました」

 そんな矢先、政府の途上国援助(ODA)の現地活動を取材するという機会が巡ってくる。訪問国はウガンダ。訪れた当初は貧困層の子どもたちを目の当たりにして思考が停止し、何をどこからどんなふうに考えていいのか分からなかった。だが「同行クルーと話し合いながら取材を進める中で、今の自分にできることを一生懸命やる、この現実をちゃんと伝える、それが私の使命なんだと思うようになりました」。その後、ベトナムを訪問した際には日本の援助によって暮らしが楽になったと語る農家のご主人の笑顔がうれしくて、質問したいことが自然に湧き出てきた。

 「現地の人たちと心が通じるたびに、ああこれだ、と手応えを感じます。でも最初の頃は葛藤がありました。途上国の取材から帰国した翌日にファッション雑誌の華やかな撮影をしたりすると『一体私は何なんだろう』と落ち込むことも」

 それでも、人との出会いや経験を重ねていくことで、次第に自分の存在や立場を肯定できるようになっていったという。

 「人それぞれに役割がある。モデルをやっている私だからこそできる社会活動もあるのではないか。何よりモデルの仕事も途上国の取材もどちらも好きだし、やり続けたいことだし、両立することで得られる何かもあるはず。そう思い始めたら楽になり、構えずにどんな仕事にも取り組めるようになって。また自然に、自分なりのインプットもできるようになりました」

ルーツに戻って
これからも自分らしく

 今年6月に発売した初エッセー集でも、これまでの悩みや葛藤が素直に語られている。

 「本のタイトルにある『てーげー』は沖縄の言葉で適当という意味です。私はなぜかストイックに見られているようですが、本来はてーげーでゆるゆる(笑)。でも、やっぱりそれでいいかなって」

 「てーげー」という心地よい響き。すっと心が軽くなる言葉だ。完璧でなくていい、自分のペースで自分らしく進めば、その先にまた自分らしい何かや進むべき道が見えてくる。知花さんは本の執筆を通して再確認したようだ。

(井上理江=文 小山昭人=写真)
次回は荒川静香さんが登場。7月31日(日)に掲載する予定です。

知花 くらら
ちばな・くらら 1982年沖縄県生まれ。上智大学文学部教育学科卒。2006ミス・ユニバース世界大会第2位を経て、雑誌モデルを始めテレビ、ラジオなど各メディアで活躍。WFP 国連世界食糧計画のオフィシャルサポーターを務める。初のフォト&エッセー集「知花くららの『てーげーでいこう!』」(小学館)が発売中。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
野村リビングサポート株式会社
【野村不動産グループ】
マンション管理技術スタッフ
マンションマネージャー(フロント業務)
株式会社リアル ECバイヤー
人事・総務、経理
株式会社三省堂 英語教科書編集スタッフ
営業スタッフ
クロニクス株式会社 歯科医療機器の営業
殖産住宅株式会社 住まいのリフォーム営業(正社員/東京・横浜・名古屋で募集)
株式会社LIXILニッタン
(2011年7月1日より社名変更 旧:ニッタン株式会社)
施工管理(自動火災報知設備や各種の消火設備)
技術職(製品の開発・設計)
富士火災海上保険株式会社 プロフェッショナルアドバイザー(コーポレートPA社員)
株式会社ファイブイズホーム 戸建住宅の設計【建築士資格をお持ちの方】
株式会社西松屋チェーン 商品開発 ※商社経験者・海外勤務経験者歓迎
メタウォーター株式会社
【METAWATER Co.,Ltd.】
プラント監理技術者(電気・機械系)

7月24日(日)、7月25日(月)付け朝日新聞朝刊も併せてご覧下さい。