メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
積極採用求人情報をピックアップ!
■ 株式会社リアル
  インターネット企業の法人営業
Heroes File
Vol.56 後編

感謝の気持ちと安堵感で
いっぱいのトリノ五輪

 2004年の世界選手権で初優勝。それまで具体的な目標はなかった荒川静香さんだが、目標を持ち努力したことで結果が大きく変わっていった。本人はこれで引退するつもりだった。でもトリノ五輪を2年後に控え、スケート界やマスコミの期待は大きく、現役を続行することに。だがこの後、採点法が変わることでそれまでのスケートの概念では戦えず、ルール変更への挑戦を強いられる。「20代で難易度の高い新しい技を習得するのはとても苦しいことでした。でも限界までやりもせずに『できない』とは言いたくなかった」

 本番のプレッシャー対策では、演技中に余計なことを考えないように一つひとつの動作の時に考えることを決めて臨んだという。結果、荒川さんは見事金メダルを獲得する。

 「演技中は今まで関わってくれた方々がフラッシュバックし、感謝の気持ちで心が温かくなって自然にあの表情が出たんです。終わった瞬間は競技者としてのゴールテープを切れた安堵(あんど)感でいっぱいでした」

 実力を最大に発揮するためのひけつを聞くと、「実は本番で最大限に力を出そうとは全く思っていませんでした。逆に、本番は最小限になっても大丈夫なくらい練習を積んだことが大事だったと思います。以前タチアナ・タラソワコーチが、事前に最大限の努力をした者だけが五輪を楽しめると言った意味がよく分かりました」

好奇心を持って活動を広げ
子供たちに夢を与えたい

 プロに転向後は、声のかかる仕事は全て挑戦する意気込みだ。念願のアイスショーでも世界中から招請されている。そして驚いたことに、彼女は今も引退前の技術を全て保持しているのだという。「いろんな意味で私はスケーターとして自分の最高点を見つけたいんです。技術保持は、演技する時に心にゆとりを持てるから。毎日練習しているのでそれほど大変じゃないんです」

 また、彼女は自らプロデュースしたアイスショーを毎年夏に日本で行なっている。

 「日本ではまだアイスショーの文化が根づいていませんが、認知度を高めることで、選手の競技人生後の受け皿を広げたり、子供たちに夢を与えたりできればと思っています」

 金メダリストになった瞬間の自分に負けぬよう、荒川さんの挑戦は今も続いている。

 「最近結婚する友人が増え、私も少し個人としての時間を作りたいのですが、つい仕事に走ってしまって(笑)。金メダリストだからチャンスを頂けることも多いですが、招かれた先でスケートの魅力を感じていただけなければ次はない。金メダルは獲得して終わりではなく、その後に全力で磨き続けるものだと思っています」

(田中亜紀子=文 小山昭人=写真)
次回は柄本時生さんが登場。8月21日(日)に掲載する予定です。

荒川 静香
あらかわ・しずか 1981年東京都生まれ。プリンスホテル所属。2004年世界選手権で優勝。06年トリノ五輪でアジア初のフィギュアスケート金メダルを獲得。同年5月にプロ宣言し、現在は国内外のアイスショーを中心に活躍。8月26日(金)〜28日(日)に自身プロデュースの「フレンズオンアイス」が新横浜で開催される。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
学校法人武蔵野美術大学 一般事務(通信教育事務)、国際センター事務
図書館業務※要司書資格、美術館業務※要学芸員資格
株式会社ドクターネット 営業
自社開発エンジニア
システム技術
株式会社ナガセビューティケァ 健康食品アドバイザー
水ing株式会社(2011年4月1日より荏原エンジニアリングサービス株式会社から社名変更) プラントエンジニア(水処理プラント)
ミサワホーム株式会社
(ミサワホームグループ合同募集)
住宅営業職
技術職(設計職・施工管理職)
学校法人文際学園 日本外国語専門学校 教員【エアライン/観光・旅行・ホテル/韓国語・中国語/英語・留学】
株式会社リアル ECバイヤー
人事・総務、経理

8月7日(日)、8月8日(月)付け朝日新聞朝刊も併せてご覧下さい。