メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
積極採用求人情報をピックアップ!
■ 佐川引越センター株式会社
  サービススタッフ(家電・家具設置)
Heroes File
Vol.74 前編

役柄の中途半端な
気持ちに共感

 独特の存在感とちょっと不思議なかおりがする女優・山田真歩さん。最新の出演作は5月公開の映画『レンタネコ』。自分の存在意義に疑問を感じながら、寂しい日々を送るレンタカー屋の受付嬢を好演している。

 「彼女は、自分の仕事は自分でなくてもいい仕事だと思っているから、たまにお客さんが来ても平気で他のことを考えていたりする。あるいは車のランク分けを毎日眺めながら、自分はCランクだと思っていたりする。でもそういう中途半端な感じってすごくよく分かります。私もそういう時期が長かったから」

 大学の教育学部へ進学した山田さんは、そのまま両親のように教師になるつもりだった。だが、隣接する大学の演劇サークルに入ったことで運命の歯車は大きくずれる。「とにかくいろんな人がいて刺激的で、何より演じるのが楽しくてたまらなかった。これだ!と思いました。毎日スキップしながら稽古に通っていましたね」

 大学3年になって周りが就職活動を始めた。夢のような演劇の日々にいた山田さんに突如現実が襲いかかってくる。

 「将来を考えると憂鬱(ゆううつ)で悶々(もんもん)とするばかり。それで一人でドイツに行くことにしました。なぜドイツかって?特に理由はないです(笑)。ここじゃないどこかに行けば、何かが変わるんじゃないかと思ったんだと思います」

 1カ月間ドイツで一人暮らしをしてみた。分かったのは「どこへ行っても画期的に何かが変わるということはないんだな」ということだった。

自分の思う方向へ
進んでみる

 「ただ、旅行中にふと自分の名前のことを考えたんです。両親はおそらく『真実に向かって歩む子』にしたかったのかもしれない。でも、もしかしたら、真っすぐに好きなことへ向かって歩めということかもしれないと思えてきて、だったらそうしようかなと」

 一番好きなことは何かと考えた時、すぐに思い浮かんだのはやはり演劇だった。

 「だから教職を目指すのはやめ、卒業後は就職せずにアルバイトを始めました。演劇がやりたかったので基礎を学ぼうと、劇団東京乾電池の養成所に研究生として入りました」

 ところが、いつかなうかも分からない夢を追いかけながらのバイト生活は、想像以上に耐え難いものがあった。「学生の時は、何だかんだと学校という組織に守られていたんだと思います。それが『さあ、自由だよ』となった時、一気に不安が襲ってきた。それで一度就職しようと養成所をやめました」

 そして入社したのは、社員5人ほどの小さな出版社だった。

(井上理江=文 小山昭人=写真)
「後編」は5月13日(日)に掲載する予定です。

山田 真歩
やまだ・まほ 1981年東京都出身。明星大学教育学部卒。出版社勤務を経て、2009年に映画『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』でデビュー。『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』に主演し話題を呼ぶ。5月12日(土)から公開の映画『レンタネコ』に出演。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
株式会社エクスナレッジ 編集、出版営業
広告営業
株式会社桐井製作所 『耐震天井』など内装建材のテクニカルサポート
株式会社JTB首都圏【JTBグループ】 首都圏店舗のカウンター(窓口)スタッフ
佐川引越センター株式会社 サービススタッフ(家電・家具設置)
株式会社中経出版【角川グループ】 語学書の編集者
ビジネス書の編集者
国際ビルマネジメント株式会社【国際航業グループ】 ビルメンテナンス事業統括・ビル管理
株式会社長谷工コミュニティ フロント業務(マンション管理)
小・中規模修繕の技術管理

5月6日(日)、5月8日(火)付け朝日新聞朝刊も併せてご覧下さい。