メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
積極採用求人情報をピックアップ!
■ 三井不動産リフォーム株式会社
  プロジェクトマネージャー【営業職】
Heroes File
Vol.75 前編

感覚も残すアルバムを
作り始めた高校時代

 国際的に注目される写真家、川内倫子さん。作品のモチーフは、日常的に存在するものからダイナミックな自然まで幅広いが、淡い光を通し、一貫して「この世界や命は不思議なものなんだ」という静かな驚きを感じさせる。

 開催中の個展では、昨年、世界5カ国で同時発表した写真集の一部と、阿蘇の野焼きなどを撮影した新作を公開している。「展示では、写真家として独立して15年が経った私の、作品が移り変わっていく転換期のような部分も出せればと思って構成しました」

 川内さんが生まれたのは滋賀県。4歳から大阪で育ち、図書館が大好きな子供だった。

 「たくさんの本に囲まれる感じが好きでした。本を開けばどんな時でも別の世界に行ける。本を開いて得られるトリップ感は、ある意味、幼少期の私を救ってくれました」

 高校の修学旅行で海に行った時、コンパクトカメラで初めて意識的に風景を撮った。「この時感じたことを残すには、友人たちが写ったスナップ写真だけでは表現できないと思い、友人にあげるアルバムの所々に海の写真を挟んで構成しました。この頃から、構成して一冊に編集するのが好きでしたね」

 短大ではグラフィックデザインを専攻し、ここで写真のプリントの面白さにはまる。写真家になるという強い自覚はなかったが、作品作りのためのテクニックを学びたいと大阪の広告制作会社の写真部に就職した。

テクニックは
働きながら学ぶ

 「技術的なことは全て分かっているような顔をして就職しました。でも、実際は何も分からなかったので、この会社がまるで学校のようでした。いい先輩に恵まれ、写真の奥深さも技術もここで学びましたね」

 その後この会社の写真部が解散したことをきっかけに上京し、東京のスタジオに経験者として就職する。

 「ところが、大阪では物撮りがメーンだったので、モデル撮影の流れがよく分かりませんでした。それでまた一から学び直し。でも、『自分は自分自身の作品を撮るためにスタジオで働いている』という軸はぶれなかったですね」

 少ない給料でやりくりしながら、休日は自分の作品作り。撮りためた写真をまとめて課題を提出するという大学時代の習慣から、課題の代わりに公募の賞に何回か応募した。

 そしてスタジオを辞めて半年経った頃、新人の登竜門「ひとつぼ展」(現「1_WALL」展)でついにグランプリを獲得。「それまでは自信作を出品して駄目でしたが、この時は恥ずかしいと思うぐらい自分らしい作品での受賞でした」

(田中亜紀子=文 田中史彦=写真)
「後編」は5月27日(日)に掲載する予定です。

川内 倫子
かわうち・りんこ 1972年滋賀県生まれ。成安女子短期大学卒業。2002年に写真集『うたたね』『花火』で第27回木村伊兵衛写真賞を受賞。主な著作は『AILA』『Cui Cui』や昨年発売した『Illuminance(イルミナンス)』など多数。7月16日まで東京都写真美術館にて「川内倫子展 照度 あめつち 影を見る」が開催中。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
株式会社矢野経済研究所 マーケティングリサーチャー
小田急交通株式会社 タクシードライバー
三井不動産リフォーム株式会社 プロジェクトマネージャー【営業職】
横浜市住宅供給公社 事務総合職
技術総合職(建築・機械・電気)
学校法人明治学院 明治学院大学 学校職員(事務総合職)
株式会社 角川書店 新書・ビジネス書の編集 ※幹部候補含む
株式会社桐井製作所 『耐震天井』など内装建材のテクニカルサポート
株式会社JTB首都圏【JTBグループ】 首都圏店舗のカウンター(窓口)スタッフ

5月20日(日)、5月21日(月)付け朝日新聞朝刊も併せてご覧下さい。