メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
積極採用求人情報をピックアップ!
■ 三井ホームテクノス株式会社 【三井ホームグループ】
  アフターメンテナンスエンジニア
■ ミサワMJホーム株式会社
  ホームエンジニア、設計 耐震木造住宅『MJ Wood』
Heroes File
Vol.83 後編

俳優と、対戦しつつ
作品の責任を共に背負う

 映画『蛇イチゴ』が監督デビュー作となった西川美和さん。家族の崩壊劇を描いたその脚本が、西川さんを大学在学中に見いだした是枝監督に認められ、自身で監督も務め上げた。

 1作目にして数々の映画賞を受賞し注目が集まる中、2年近い歳月をかけて再び脚本を練りメガホンをとった2作目『ゆれる』は、異例のロングランヒットを記録。

 「『蛇イチゴ』では全く余裕がなかったし、正直これっきりと思っていたので、腰を据えて現場で作品と向き合い始めたのは2作目からですね」

 それ以来感じている、俳優と共に映画を作り上げていくだいご味は、監督と俳優の間の「戦い」にあるという。

 「俳優は、ボクシングのリング上で戦う『対戦相手』。その日になって、相手がどんなパンチを出してくるかを見て、こちらも一人ひとりアプローチを変えていく。一方で、その作品の評価に関わる部分で背負っているものが俳優と監督とは近いんです。だから他のスタッフとは違う『共犯関係』もありますね。でも自分の作品がその役者の人生の一部ともなるわけですから、私としてはやはり責任を持たなければと思います」

これからは、作品を作る
ために意地も通していく

 西川さんはデビュー前、監督を自分がすることに迷いがあった。だが、「30歳までに監督をしないとだめだ」と言われた言葉を握りしめて28歳で挑み、今に至る。その言葉の主、安田匡裕さんは、制作会社の会長として西川さんのデビュー作からずっと企画に関わってきた。だが、前作の公開直後に急逝。「安田さんの言葉を信じてやらせて頂いたのに。自分の映画にとっての親を亡くした気分」と悔しさをにじませる。

 「新作『夢売るふたり』では、制作を進めるためのレールを敷いてくれていたリーダーを失い、迷う部分もありました。でも作品に対する基本的なスタンスは変わらない。自分が考えた物語なのだから、今回もこれまでと同じく自分の好きにやらせてもらおうと。もう4作目ですから、意地も通さなきゃいけないというか、それが自分の仕事とも思いますし、そうやって自分を叱咤(しった)していったところもありましたね」

 今回ほど、脚本に立ち返る作業を現場で繰り返したのは初めてだという。「要素が多ければ多いほど物語の根幹を見失うものだけれど、そのために脚本がある。脚本には、常に初心が書いてあるので」

 昨今、小説の執筆にも精力的な西川さんだが、映画と小説の重心は?と聞くと、間髪容(い)れずに「映画ですね」の声。

 笑顔の内側に、きっと新たな決意と企(たくら)みが芽吹いている。

(井上瑶子=文 田中史彦=写真)
次回は平岡祐太さんが登場。9月30日(日)に掲載する予定です。

西川 美和
にしかわ・みわ 1974年広島県生まれ。大学在学中に是枝裕和監督作『ワンダフルライフ』にスタッフとして参加。2002年『蛇イチゴ』でオリジナル脚本・監督デビューを果たし、数々の国内映画賞を獲得。『ゆれる』(06)、『ディア・ドクター』(09)は国内外で絶賛され、作品をもとに執筆した小説は文学賞の候補に挙がるなど注目を浴びる。現在、4作目『夢売るふたり』が公開中。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
三井ホームテクノス株式会社 【三井ホームグループ】 アフターメンテナンスエンジニア
ミサワMJホーム株式会社 ホームエンジニア、設計 耐震木造住宅『MJ Wood』
株式会社社員教育研究所 社員研修講師 兼 法人コンサルティング営業
株式会社銀座車屋 日本料理・鮨「厨 車屋」の支配人
エムエスエイジャパン株式会社 プロダクトマーケティング
株式会社四谷大塚出版 編集【小学4〜6年生用学習教材】
株式会社矢野経済研究所 マーケティングリサーチャー
公益社団法人 日本看護協会 政策立案・事業推進スタッフ、業務事務スタッフ
広報部スタッフ、国際部スタッフ、事業開発スタッフ
株式会社NTTドコモ 医療/環境/事業投資/ITS/クレジット/Eコマース/トラベル/音声認識/国際法務/連結決算/情報システム/知的財産
全12ポジションで募集中

9月23日(日)、9月24日(月)付け朝日新聞朝刊も併せてご覧下さい。