メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
Heroes File
Vol.141 後編

レギュラーを削ったら
チャンスが手中に

 「笑い」のヒットメーカーとして、福田さんがにわかに注目を浴び始めたのは20代終盤だ。

 お笑い芸人たちのライブのネタを書いたのを機に、テレビのバラエティー番組の構成を考える放送作家の仕事が増えていった。30歳を過ぎた頃には週13本のレギュラーを抱えるほどになっていたという。

 「僕は『犬体質』なところがあって、人を好きになるとその人のためにとことん頑張る。多分そこが喜ばれて仕事が増えていったんだと思います」

 そんな福田さんにも大きな試練が訪れる。34歳の時、初めて脚本を担当した長編ドラマが視聴率低迷で7回で打ち切りになってしまったのだ。

 「その時、同作を演出した羽住英一郎さんから言われたんです。『本気でドラマや映画をやりたいならレギュラーを削り、いつ連ドラを依頼されても書けるよう態勢を整えていないと』と。胸に突き刺さりましたね」。本当にやりたいことは何か、福田さんは心底考えた。

 「やはり一番は笑いのある喜劇。そこで思い切ってレギュラーを5本に絞りました」。するとすぐドラマの脚本の依頼が入った。「あの時、生活のために稼がなくちゃとバラエティーにかじりついていたら、今の僕はなかったと思います」

役者がのびのび遊べる
公園を作るのが僕の仕事

 福田さんの作る笑いには独特のテンポ感と、ボケても誰も突っ込まないがゆえの「間」という妙味がある。

 「映像で笑いを作るのは難しいと悩んでいた時、出合った仕事が映画『逆境ナイン』の脚本担当です。原作はギャグマンガ。ボケてもツッコミがない。会話の流れを止めずに笑いを作るならこれだ!と思い、この手法を採り入れて最初に作ったドラマが『33分探偵』でした」

 演出家としては、役者が楽しく遊べる公園のような場を作るのが自分の役割だという。

 「この人はこの滑り台をさぞかし面白そうに滑るんだろうなって想像しながら、その役者に合った遊具や場所を用意するという感覚。期待に反してつまらないと『いやあ、意外に普通に滑るんですね』と嫌みを言って挑発したり(笑)。程良くプレッシャーをかけると役者は頑張る。そこから出てくるものこそ、その人の本物の力だと思うし、この力の結集こそが芝居全体を面白くしてくれると思うんです」

 笑いの革命児でありたい。そのために今後も既成概念に縛られず、純粋に笑いを追求し続けるつもりだ。「ギャグ満載のミュージカル、意表を突くコメディー。とにかく誰もやらなかったことにもっと挑戦していきたい。最近はそれがもう僕の使命のようにすら思えるんですよね」

(井上理江=文 小山昭人=写真)
次回は広告企画「Heroes File」で歌手のクリス・ハートさんを紹介。
11月29(日)に掲載する予定です。

福田 雄一
ふくだ・ゆういち 1968年栃木県生まれ。成城大学在学中に結成した劇団「ブラボーカンパニー」の座長。主な作品にドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ、「アオイホノオ」、映画『俺はまだ本気出してないだけ』『明烏』など。作・演出を務める舞台「才原警部の終わらない明日」が11月30日(月)〜12月28日(月)に世田谷パブリックシアターにて公演予定。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
【東京本社版】
学校法人東洋英和女学院 学生のキャンパスライフを支える【事務系総合職】
株式会社主婦の友インフォス情報社 (1)雑誌編集 (2)広告営業
11月22日(日)、11月23日(月・祝)付け朝日新聞東京本社版朝刊も併せてご覧下さい。

今週の厳選求人
【大阪本社版】
永大産業株式会社 (1)法人営業 (2)ショールームアドバイザー
株式会社第一プラント 配管設計・機械設計技術者
株式会社サンスターライン 海運会社の法人営業【管理職・管理職候補】
新日鐵住金株式会社 製鋼所 機械設計スタッフ
(鉄道用車輪、自動車用クランクシャフトなど)
11月22日(日)、11月23日(月・祝)付け朝日新聞大阪本社版朝刊も併せてご覧下さい。