メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここから本文エリア

朝日新聞デジタル > 転職 > Heroes File

朝日求人ウェブ
朝日新聞に掲載された求人情報
朝日新聞に掲載された求人情報
会員登録   会員登録すると直接応募やwebメールでの
送受信など色々な機能が利用できます。
ログイン  
パスワードを忘れたら ヘルプ
ご利用にあたって お問い合わせ
 
Heroes File
Vol.160 前編

 演劇のみならずテレビ・ラジオ番組の脚本なども手掛け、活躍目覚ましい劇作家で演出家。すでに2017年の新作舞台も4本決まっているという人気ぶりだ。その第一弾「お勢登場」が2月に上演される。江戸川乱歩の短編8作を一つの新たな戯曲に編み上げたもので、その複雑さが乱歩の迷宮めいた世界をより強調させるような作品に仕上がっている。

 「複数の話が混じり合うことで、僕自身も予測できなかった面白さが生まれました。ラストに向かうにつれ、複雑怪奇なパズルがピタッとハマっていく快感を味わってもらえると思います。お勢を演じる黒木華さんの悪女ぶりにも、ぜひ期待してください」

 倉持さんが演劇に興味を持ったのは高校時代。深夜、テレビで観(み)たイッセー尾形さんの一人芝居がきっかけだった。「舞台の収録番組で、本当にかっこ良かった。テレビのバラエティーとはジャンルの違う笑いがありました」

 あんな舞台をやってみたい。そう思い大学で演劇部へ入るが、歌や踊りが中心で、やりたい演劇とはタイプが違うと感じた。そんな矢先、東京・下北沢の本多劇場で岩松了さん作・演出の「竹中直人の会」を観る。

 「ああ、これだ!と人生2度目のショックを受けました。とにかく岩松さんに近づきたいと思い、役者オーディションを受けて作品に出演させて頂き、その後は自分の脚本を読んでもらったり、自作の舞台を観に来てもらったりしました。事細かに感想やダメ出しをしてくれるのが勉強になって、数年このやり取りをさせて頂きましたね」

 実は倉持さんは経済学部出身。大学へ入るまでは会社員になろうと思っていたが、次第に演劇の魅力にハマっていき、就職活動もしなかったという。「いろいろ褒めてもらえたことが自信になっていたので、迷いはなかった」

 ただ大学卒業後の約5年間は、相当くすぶっていたそうだ。同世代の劇作家が世に出始めたのに、自分は生活のためにアルバイトを辞められず、演劇に専念できない。焦りと劣等感が募った。「何とか一発逆転できないかと思い、テレビのシナリオ大賞などに幾つも応募しましたが、全然ダメでした」

 そんなことに時間を費やすより、自作を発表する場を作った方が世に出るチャンスは広がる。そう考えて、劇団ペンギンプルペイルパイルズを立ち上げた。「劇団をやると貧乏になる。でも、うだつの上がらないまま貧乏でいるより、何かに挑む貧乏の方がいいなと思って決断しました」

(井上理江=文 森 浩司=写真)
この広告企画の後編は2017年1月8日(日)に掲載する予定です。

倉持 裕
くらもち・ゆたか 1972年神奈川県生まれ。学習院大学卒業。劇団ペンギンプルペイルパイルズ主宰。2004年に岸田國士戯曲賞受賞。NHK「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」ではコント執筆。17年2月10日(金)から東京・シアタートラムにて舞台「お勢登場」上演予定。
「マイナビ転職」からもご覧いただけます。

今週の厳選求人
【東京本社版】
教育出版株式会社 教科書編集(理科・英語)
株式会社童心社 児童書出版社の総合職(編集/製作管理)
株式会社日本制作センター 学術図書・教育書のルート営業
日本税理士会連合会 事務局職員[一般事務]
12月25日(日)、12月26日(月)付け朝日新聞東京本社版朝刊も併せてご覧下さい。